【武蔵小杉銭湯5選】武蔵小杉周辺の銭湯&温泉をまとめて紹介!

あまり温泉のイメージがない武蔵小杉ですが、実は古くから「へちま風呂」など有名な土地柄でした。もともとは「天神湯」や「祇園湯」などもありましたが、老朽化などで近年相次いで廃業してしまいました。

※2020年10月7日更新:新型コロナウイルス感染症のために営業時間帯等が変更となっている場合がございます。

ムサコ
今回はムサコの巡った温泉を紹介するよ♨

丸子温泉

丸子温泉

武蔵小杉周辺に昔からある温泉といえば、こちらの丸子温泉です。昔ながらの番台があり、地中から湧き出す源泉は20℃以下の冷水で、薪を炊いて加熱して提供しています。温泉のそばには加熱用の薪がうず高く積まれており、懐かしい風景を見せてくれます。

関東圏の温泉は、関東ローム層を通っているので黒湯になることが一般的ですが、丸子温泉も黒湯です。シャンプーやボディーソープなどは備え付けがないので、持参しましょう。ただし、忘れた場合でも、番台で100円以下で購入可能です。

ムサコ
ムサコもこの温泉はよく行くよ〜!昔ながらって感じで、お湯がとても黒いの!!
施設情報
入湯料:470円
営業時間:15:00〜22:30(土日12:00~22:30)
定休日:毎週金曜日
住所:〒211-0005 神奈川県川崎市中原区新丸子町675

今井湯

今井湯

今井湯は、2018年5月にリニューアルオープンしたばかりの銭湯です。駐輪場・駐車場もあり、土日は近隣住民で混み合っています。

シルク風呂、炭酸泉、水風呂、ジャグジー、サウナ(別料金)などが備えられており、リニューアルしたてでキレイです。コインランドリーも併設されているので、コインランドリーだけ使っている近隣住民の方も見かけます。

武蔵小杉駅から徒歩圏に存在する希少な銭湯のうちの一つです。アメニティは備え付けがないですが、数十円でレンタルや購入ができます。(以下参照)

貸しバスタオル:80円
貸しタオル:20円
ミニシャンプー・リンス・石けん:各30円
メイク落とし:60円

施設情報
入湯料
大人(中学生以上):470円(※中学生は生徒手帳の提示で100円引き)
中人(小学生):200円
幼児(小学生未満):100円(※大人料金の同伴者1名につき、幼児2名まで無料)
サウナ利用料金:平日:150円(土日祝日:200円)
営業時間:平日7:00〜10:00/15:00〜24:00(土・日・祝日7:00〜24:00)
定休日:なし
住所:〒211-0064 神奈川県川崎市中原区今井南町34-25
公式HPhttps://www.imaiyu.com/
おすすめの記事